アーキテクチャ

SEOの許容範囲は検索エンジンでしか定められない

SEO目的の有料リンクを発見できるというGoogleに対してバレないSEO有料リンクを考えることは最善策か。

Googleが、SEO目的の有料リンクを排除するという動きがSEO業界に認知され、一部のSEO業者やSEO担当者は、顔を青ざめたりしているという話もあります。

有料リンクについは、広告掲載とリンク購入がありましたが、前者については、あることで広告と認知されることになっています。
しかし、本当にSEO目的の有料リンクを排除することは可能なのでしょうか。


“SEOの許容範囲は検索エンジンでしか定められない” の詳細は »

差別化しにくいSEO内部要因最適化を究極にまで高める方法

最強のSEO内部要因最適化に必要な検証とは。究極の内部要因最適化を図解してマニュアル化する方法。

SEOの最強の内部要因最適化を考えてみようと思いましたが、SEO塾マニュアルを販売しているので、自粛します(笑)
けれども、ニッチキーワードや誰も検索しないキーワードを使って、内部要因の影響力を検証してみることも、良い経験とノウハウの習得には必要かもしれませんね。

やり方としては簡単です。
ドメインを10個ぐらい取得するか、資金的に厳しい場合は、無料ブログでSEOの変化をつけて検証してみてください。


“差別化しにくいSEO内部要因最適化を究極にまで高める方法” の詳細は »

ブログのサイドバーに外部リンクを張る際の注意事項

サイトワイドリンクによる外部サイトの評価損失を防ぐ方法とは。サイトワイドリンクの概念と対処法。

サイトワイドリンクという言葉をご存知でしょうか。
1ドメインの全ページからリンクを張られている外部リンクのことです。

ブログのサイドバーやフッターは、テンプレートによって、自動的に全てのページにリンクされるようになっていますが、ここに外部リンクを張るとサイトワイドリンクと見なされて、評価が低くなるのです。


“ブログのサイドバーに外部リンクを張る際の注意事項” の詳細は »

SEOエキスパートなら知っている検索上位決定要因トップ5

SEOの生命線は何なのかを知っていますか。検索順位決定要因トップ5を大胆にピックアップ。

SEOの順位を決定付ける要因のトップ5はどういう項目でしょうか。

この5つは、SEO業務で外せないと思うものを勝手に挙げています。
共感してくれる部分もあるでしょうし、ちょっと違うと感じる部分もあるでしょうし、いろいろな意見があってこそのSEOです。

優劣については言及しませんので、その辺はご了承ください。


“SEOエキスパートなら知っている検索上位決定要因トップ5” の詳細は »

SEO業でSEO以外に得られるスキルについて

SEOを日々実践することでSEO以外のスキルが自然と身についていることがあります。いろいろありますよ。

SEOで得られるスキルとは、具体的にはどういうものがあるでしょう。
SEOそのものがスキルであることは別として、もっと違う面で自然と身につくものがあるのではないかと思うのです。

例えば、SEOはデータからあるパターンを読み取ったりすることが多いので、分析的な思考能力が鍛えられます。
当然、インターネットに詳しいという付加価値も身につけられています。


“SEO業でSEO以外に得られるスキルについて” の詳細は »

ウェブサイトの緊急事態にリカバリー出来るスキルを習得しよう

ウェブサイト運営のリスクヘッジはウェブ担当者の仕事です。SEO担当者も同様にウェブサイトリカバリーを。

突然のトラフィックの低下に気付いたとき、WEB担当者としては、一刻も早くその原因を追求しなくてはなりません。

考えられる原因は、
・サーバートラブル
・クロールエラー
・検索アルゴリズムの更新による順位下落
・スパム判定によるペナルティ
のいずれかでしょう。


“ウェブサイトの緊急事態にリカバリー出来るスキルを習得しよう” の詳細は »

 

新米ブロガーにやっておいて欲しいファイルの自動生成と登録

クローラーの動きを活発化させるビタミン剤のようなファイルとは。特に新米ブロガーは必見です。

検索エンジンには更新情報を送信していますか。
ブログではsitemap.xmlが自動生成出来ますので、Googleのウェブマスターツールやヤフーサイトエクスプローラーに登録して、クロールを促進しましょう。

そもそもsitemap.xmlが何かわかっていない人のために、少しだけ説明しますと、主にブログでの記事投稿後に、更新したことをより直接に検索エンジンに伝えるためのファイルです。


“新米ブロガーにやっておいて欲しいファイルの自動生成と登録” の詳細は »

動的URLと静的URLはSEOの観点では静的URLですね

動的URLと静的URLのどちらがSEOにとっては最適化しやすいか。SEO以外でもどちらが都合が良いのか。

SEOは静的URLがなじみやすい、ということはSEO実践者の中では知られていることですよね。
Googleは、動的URLでもクロール可能であると明言していますし、確かに検索結果でも動的URLはインデクスされています。

SEOの面だけではなく、相対的に静的URLがマーケティングなどの観点からも有利に働くことは否めません。
動的URLと静的URLのそれぞれの長所や短所を整理してみましょう。


“動的URLと静的URLはSEOの観点では静的URLですね” の詳細は »

 

SEOに効果の高い要因ベスト5を選ぶとしたらどれ?

SEOを堅実に効果を出していくには検索ランキングを決定付けする要素の把握と実行力が必要です。

検索ランキングの決定に強い影響のある評価要素を5つだけ挙げるとすると、SEO実践者ならば、3.4つは共通するのかもしれません。

SEOは最優先してすべき事が、ほぼ決まっていると言ってもいいでしょう。
逆に言いますと、SEOは評価要素の優先順位の高いと思われる要因から作業することが、最も効果が上がりやすいのです。


“SEOに効果の高い要因ベスト5を選ぶとしたらどれ?” の詳細は »