メインサイト

正しい方向にSEOエキスパートを導くための必読書

無料で誰でも手にすることが出来るSEOの必読書がPDF化されています。今すぐゲットしよう。

SEOを学びたい人や社内でSEO担当者として任命を受けた人が、まず手にとって欲しい資料があります。
日本の検索エンジンはYahooとGoogleに絞られて最適化する傾向がありますので、YahooとGoogleについてしっかり学びます。
※YahooはそのうちBingに変わるでしょう

検索サービスを展開している企業が直々に検索エンジン最適化について記してあるのに、出所不明なSEO記事を鵜呑みにする人も多いのが、方向のズレたSEOを根付かせる原因なのかもしれません。


“正しい方向にSEOエキスパートを導くための必読書” の詳細は »

競合は検索ヒット数ではなく最適化された数で参入を見極めよう

ニッチキーワードは検索ランキングの上位表示を獲得しやすいのは真であるとは言えない理由。

内部要因最適化と外部リンク最適化とでは、どちらが検索エンジンにより評価が得られるのか、という質問をよく受けると思いますが、これはキーワードのニーズによりますよね。

一般的にはニッチキーワードは、内部要因最適化を高いレベルでチューニングしていれば、外部リンクの数と質はそこまで必要とはしませんし、逆にメジャーキーワードに至っては、外部リンク最適化の影響に検索ランキングは影響してきます。


“競合は検索ヒット数ではなく最適化された数で参入を見極めよう” の詳細は »

リンク構築で気をつけたい階層の深さとリンクポジション

大規模サイトからのリンクを重宝するのはSEO初心者まで。どのポジションか?階層は?しっかり確認です。

誰も食いつかないようなニッチサイトと、訪問者が大勢訪れる大規模サイトとでは、どちらがリンクするにふさわしいでしょうか。

これだけの条件では、判断は出来ないと答える人は、すでにSEOエキスパートである資格は十分でしょう。
答えは、どこにリンクされるのかによる、ということですね。

リンク獲得の際は、ターゲットを絞ることも必要ですが、リンクの質とポジションには注意しましょう。


“リンク構築で気をつけたい階層の深さとリンクポジション” の詳細は »

キーワード詰め込みとキーワード密度の微妙なバランス感覚

キーワードボリュームはなぜ5%程度が良いという情報が出回ったのか。SEOではなく違った面での指摘である。

SEOの世界の面白いところは、都市伝説的な手法が全うな手法として堂々と紹介されている記事が多数あることです。
SEOエキスパートの仮面を被った、SEOエキスパートモドキの記事によって、間違ったSEOが横行していることも事実です。

SEO情報の信憑性を確認することは、検証による事実の導き出ししかありません。
なので、答えのソースを持ち合わせていない記事については、全て仮説と考えるとよいでしょう。


“キーワード詰め込みとキーワード密度の微妙なバランス感覚” の詳細は »

SEO教育を推進することはSEO業界の底上げと質の向上に

下世話なSEOビギナー向けのエントリーを大公開。相互リンクでトラフィック流すなんて信じていいのですか?

SEOビギナーへの正しいSEO教育を実施することは、SEO業界の底上げに寄与すると思いませんか?
理想論ですが、SEOで飯を食う場合、業界や市場が適正に形成されなければ、お飯の食い上げの憂き目に会うのは我々です。

良く出来てますね、世の中って、本当に・・・。

さて、このエントリーでは、SEOビギナーにちょっと下世話なSEO教育の一部を実施しようと思います。


“SEO教育を推進することはSEO業界の底上げと質の向上に” の詳細は »

検索トラフィックの増加は足元の見直しだけでも効果あり

検索トラフィックの増加を手数の少ない方法で出来るとしたら。その一部を大公開しています。

検索トラフィックを簡単に増やすことが出来たら、非常に楽しいSEOライフが送れるのではないでしょうか。
「簡単に増やす」という部分に、不信感を持った人は、素晴らしいSEOエキスパートになれるかもしれません。

簡単、楽に、すぐに、という言葉を使ったSEO情報には、慎重に対応する必要があります。
疑念を持ったら、まず、その記事に対しての他のトピックが無いか、または評判はどうかなどの調査はしておくべきですね。


“検索トラフィックの増加は足元の見直しだけでも効果あり” の詳細は »

 

長期安定したトラフィックを獲得する戦略的SEOのススメ

SEOは短期間で成果を求めるとロクなことがありません。長期的な戦略で安定したトラフィックを獲得しましょう。

SEOは結果を早く求めるとロクなことがありません。
かと言って、必要以上に時間をかけると、怠慢と捉えられるという、非常にやっかいな面はあります。

SEOで短期とは3ヶ月から半年、通常で半年から1年、長期で1年以上というのが内輪でのモノサシと捉えるとよいでしょう。
あくまでも内輪での話なので、これをクライアントに理解してもらうには、検索エンジンのクロールの話から・・・・ということはなかなか出来ないものです。


“長期安定したトラフィックを獲得する戦略的SEOのススメ” の詳細は »

ドメイン名・カテゴリ名・ファイル名をキーワード化する

ドメイン名及びURLはキーワードになるように最適化することを意識してみましょう。カテゴリとファイル名がポイント。

検索エンジンの評価項目に関係あろうがなかろうが、とことんSEOに拘ると、結局はスパムサイトに該当するのではないか、という疑問を持っています。

検証する時間もないのですが、「とことんSEOに拘る」というのならば、ドメイン名及びURLの最適化というプロセスは、省くことはしない方がいいでしょうね。
“ドメイン名・カテゴリ名・ファイル名をキーワード化する” の詳細は »

 

SEOの作業の煩雑さをヘルプするSEOチェックリストの作成

SEOの作業はとにかく煩雑になりがちなのでチェックリストを用意して作業モレの無いようにしたいものですね。

SEOのチューニングで最低限必要な施工事項を、チェックリストとしてまとめておくことは、作業の質の均一性をもたらします。
例えば、タイトルにはキーワードを挿入したか、などの項目を挙げていけばいいわけです。

それ以上のことは、日々の作業の中で、毎回発生する作業については、チェックリストに落とし込み、緊急なケースや特例については、別紙にレポートとしてまとめておくことで、ノウハウを文書化し、次の世代に引き継いでいける資料となります。


“SEOの作業の煩雑さをヘルプするSEOチェックリストの作成” の詳細は »

SEOは小手先のテクニックなのかトリックなのか戦略なのか

SEOはトリックなのかそうでないのか。検索エンジンがSEOをトリックと判断しない理由とは。

SEOはある意味トリックです。
と、言ってしまうと非常に聞こえが悪いのですが、「SEO=トリック」に成り下がってしまっているウェブサイトはあるのです。

例えば、いきなり上位検索ランキングに食い込んでくるようなスパムサイトは、中身が無くても、あたかも良質なウェブサイトと見せかけているために、検索ランキングの上位に顔を出すのではないでしょうか。


“SEOは小手先のテクニックなのかトリックなのか戦略なのか” の詳細は »