自称SEOエキスパートのコンサルティングシミュレーション

自称SEOエキスパートがビギナー時代から自信を深めてクライアントにコンサルティングをした結果は・・。

SEOビギナーが快感を感じずにはいられないのが、検索ランキングの上位表示というやつです。
ひたすら、検索順位にこだわり続けるうちに、自分は素晴らしいSEOエキスパートだと自負しだします。

やがて、クライアントがついて、SEOのコンサルティングをする機会が現れ、上位表示はお手の物という自信に揺らぎはなく、どんなキーワードでも上位表示させてみせます、ということでSEOを任されることになりました。


“自称SEOエキスパートのコンサルティングシミュレーション” の詳細は »

SEOはSEOのためではなくターゲットユーザーのためにある

SEOのためのSEOはターゲットユーザーのためには全くならない自己満足の世界に終始することを知ろう。

キーワードの詰め込みはスパムへの道に繋がります。
なぜ、キーワードの詰め込みが嫌われるのか、答えは非常に簡単です。

キーワードの詰まった記事を、日常会話に置き換えて読んでみるとわかると思いますが、言いたいことを繰り返したり、ある言葉を何度も繰り返す話は、聞いていて不愉快ではないですか?


“SEOはSEOのためではなくターゲットユーザーのためにある” の詳細は »

最悪なSEOエキスパートと付き合いたいSEOエキスパート

現代のSEOエキスパートは上位表示だけではなく総合的アプローチによる企業価値の最大化を標榜している。

SEOのエキスパートと自他共に認められるようになるための要件があったとしたら、それはどういうものでしょうか。

ビギナーとエキスパートが明確ではないSEOの世界においては、クライアントがSEOを導入する際に、どのSEO業者を頼れば良いのか、というところから問題が発生します。

このエントリーでは、SEOのエキスパートを見極めるための項目について書いてみましたので、参考になれば幸いです。


“最悪なSEOエキスパートと付き合いたいSEOエキスパート” の詳細は »

リンクにはSEO効果を期待するものと信頼性を得るものがある

YahooカデゴリとDmozのページランク上昇神通力が無くなったであろう今では信用価値の獲得が目的に。

オーソリティなサイトとのリンク、とは具体的には、Yahooカテゴリ、Dmoz、オールアバウトなどのディレクトリ登録サイトやポータルサイトへの掲載を指します。

それだけを指しているのではなく、個人ブログであっても、その道の第一人者であれば、十分にオーソリティなサイトとのリンクと見なされますし、公共サイトや教育関連サイトについても同様です。


“リンクにはSEO効果を期待するものと信頼性を得るものがある” の詳細は »

リンクのSEO効果にはオーソリティからの支持という価値も必要

目の前の効果に飛びつくのはSEOエキスパートとしては未熟である。長期的目線で判断できるかどうか。

SEOには小手先のテクニックだけでは、結果を得ることは出来ません。
本質を知り、仮説を立てて検証したものだけが、長い効果を維持できる技術であることは多いものです。

その結果、タイトルタグへのキーワード挿入といった、今では当たり前とも言われている最適化要因が必須項目と言われていることを認識しなければならないのではないかと思います。


“リンクのSEO効果にはオーソリティからの支持という価値も必要” の詳細は »

SEOの許容範囲は検索エンジンでしか定められない

SEO目的の有料リンクを発見できるというGoogleに対してバレないSEO有料リンクを考えることは最善策か。

Googleが、SEO目的の有料リンクを排除するという動きがSEO業界に認知され、一部のSEO業者やSEO担当者は、顔を青ざめたりしているという話もあります。

有料リンクについは、広告掲載とリンク購入がありましたが、前者については、あることで広告と認知されることになっています。
しかし、本当にSEO目的の有料リンクを排除することは可能なのでしょうか。


“SEOの許容範囲は検索エンジンでしか定められない” の詳細は »

 

差別化しにくいSEO内部要因最適化を究極にまで高める方法

最強のSEO内部要因最適化に必要な検証とは。究極の内部要因最適化を図解してマニュアル化する方法。

SEOの最強の内部要因最適化を考えてみようと思いましたが、SEO塾マニュアルを販売しているので、自粛します(笑)
けれども、ニッチキーワードや誰も検索しないキーワードを使って、内部要因の影響力を検証してみることも、良い経験とノウハウの習得には必要かもしれませんね。

やり方としては簡単です。
ドメインを10個ぐらい取得するか、資金的に厳しい場合は、無料ブログでSEOの変化をつけて検証してみてください。


“差別化しにくいSEO内部要因最適化を究極にまで高める方法” の詳細は »

SEOは上位表示の技術と言い放った段階で成長は止まる

SEOは上位表示が目的ではなく究極はSEO施策対象サイトのターゲットユーザーのみを引き込むことにある。

うまく仕事がすすむことほど気持ちの良いものはありません。
逆に、試行錯誤もシンドイものですが、緊張感や充実感が心地よいときもあります。

SEOの現場では、上位表示が目的とする風潮もありますが、それは明らかに間違った目標設定です。
SEOはあくまでも、検索エンジンからの集客手段であり、SEO対象サイトの事業や達成すべきことに最も関連があると思われるターゲット層を取り込むことが目標です。


“SEOは上位表示の技術と言い放った段階で成長は止まる” の詳細は »

 

一般ネットユーザーはドメインを信用とは思っていない現実を見よ

ドメインの取得のメリットは「信用を得ること」ではありません。もっと深い意味を持つべきです。

もしも、ブログが突然、無くなってしまったらどうしますか?

「そんなバカな」と一笑するか、「その場合はですね・・・」とリスク回避策を持っているかによって、ネットビジネスで生き残る確率はグーンと高くなるはずです。

ビジネスでリスクは付き物ですが、インターネット環境も理想の状態が続くとは限りません。


“一般ネットユーザーはドメインを信用とは思っていない現実を見よ” の詳細は »

SEOは「やらなければならない」か「やった方が良い」なのか

SEOはウェブサイト運営上絶対に必要なものではない。しかしほとんどのウェブサイトは必要である。

ウェブサイトの価値向上や集客のためには、SEOは最優先されるべきでしょうか。
こんなこと言うのもなんですが、絶対に最優先されるものではない、と言えるでしょうね。

場合によっては、SEOは不要というウェブサイトもあります。
が、ほとんどのウェブサイトでは、必要になっているという認識をするべきではないでしょうかね。


“SEOは「やらなければならない」か「やった方が良い」なのか” の詳細は »