ノウハウ

リンク構築においてリンク元やリンク先を見極めるには

ウェブサイト公開後からスタートするリンク構築作業はスピードよりもリンクの質を重要視しましょう。

リンクの構築は、ウェブサイトの公開後からスタートする重要な作業です。
そして想像以上に難しい作業でもありますので、概念図などを紙に書いておくことで視覚化され、難しい中にも効率的なリンク構築を手助けするものとなります。

リンク構築で重要なのは、リンクの価値を常に見極めるための計測方法を考えて実践することです。
闇雲に同一テーマや関連テーマのリンクをウェブサイト内に掲載することは、あまりおすすめしません。


“リンク構築においてリンク元やリンク先を見極めるには” の詳細は »

SEOを始める前に品質ガイドラインを隅々まで熟読すること

検索エンジンの品質ガイドラインの熟読はSEOに取り組む前に是非やっておいて欲しいことです。

SEOに挑戦するビギナーは、書店でSEO関連の書籍を立ち読みする前に、やって欲しいことがあります。
それは、YahooとGoogleが定めているそれぞれの品質ガイドラインを熟読することです。

品質ガイドライン他、検索に関するヘルプなどを全て読み、わからないことは検索で調べてノートに記すというぐらいの気持ちで、しっかり取り組んで欲しいと思います。


“SEOを始める前に品質ガイドラインを隅々まで熟読すること” の詳細は »

URLの最適化はSEOよりもブランディングと認知度に貢献

URLの最適化としてテーマがわかるURLを意識すると自然にキーワードがURLに含まれるようになります。

ウェブサイトURLの最適化の基本は、テーマの内容を示すことにあります。

SEO効果があるという情報もありますが、キーワードが含まれているからといって、検索ランキングの上位表示の絶対条件ではありませんが、損ではない程度のものと認識するべきでしょうね。

ブランディングの面でもURLの最適化は必要なことですので、新規公開の際の参考になれば幸いです。


“URLの最適化はSEOよりもブランディングと認知度に貢献” の詳細は »

リンクジュースばかり考えると発リンクが価値向上に結びつかない

外部リンクを張ることがウェブサイトの価値向上に繋がることがはっきりしてきたSEOはリンク構築がやはりカギ。

リンクを張ることについての考察です。
最近の検索エンジンは、発リンクも評価しているようですね。

発リンクは、外部サイトのリンクを自サイトに張ることですが、特にブログにおいては記事投稿の際に、外部ウェブサイトの記事を引用して、引用もとの記事をリンクで示し、記事についての感想を述べたりする日記ブログは、意外に検索エンジンは好意的です。


“リンクジュースばかり考えると発リンクが価値向上に結びつかない” の詳細は »

ページの内容の正確性や信頼性を増幅させるノウハウとは

エモーショナルなタイトルとクールなタイトルはテーマの性格によって使い分けしてもいいのです。

タイトルについては、関連キーワードを羅列して助詞で結ぶやり方と、キーワードは控えめに感情に訴えるエモーショナルな記述がありますが、どちらがよりタイトルらしいでしょうか。

ウェブサイトの内容が堅いテーマなら、エモーショナルは控えめにクールなタイトルがいいかもしれませんね。
特徴をタイトルに表現することもブランディング効果が現れて良いと思います。


“ページの内容の正確性や信頼性を増幅させるノウハウとは” の詳細は »

SEOにおけるアウトバウンドリンクはユーザーへの奉仕のマインドの表れ

アウトバウンドリンクを貼ってアクセスが流出したような記録がアクセス解析に残ったりしてますか?

SEOについては、被リンクつまりインバウンドリンク至上主義を前提として、インターネット上で講義が行われていますが、アウトバウンドリンクつまりは発リンクが、なぜ、不人気なのでしょうか。

ウェブサイトの価値が流れる?
アクセスが流出する?

そんな測定結果になりましたか?
大体は根拠が書かれていなくて、心理的な抵抗からアウトバウンドリンクを拒否しているだけのような気もします。


“SEOにおけるアウトバウンドリンクはユーザーへの奉仕のマインドの表れ” の詳細は »

 

タイトルの付け方でわかるSEOの技量とバランス感覚

タイトルの最適化を考えると最低限盛り込んでおきたいことは何か。SEOとブランディングのバランスとは。

タイトルの最適化ということを考えたことはありますか。

タイトルの記述はSEOの第一歩です。
検索エンジンもタイトルの記述には、大きなウェイトを置いているようですし、何よりもSEOだけでなくブランディングにも貢献するわけですから、タイトルの記述のコツを掴むことは、SEOビギナーの最初の必須項目でしょう。


“タイトルの付け方でわかるSEOの技量とバランス感覚” の詳細は »

SEOとウェブサイトの関係をわかりやすく説明する方法とは

SEOはウェブサイトにとってどういうものかを他の製品を例にとって説明してみましょう

ウェブサイトを利用してビジネスを拡大あるいは集客ツールとする場合の考え方です。

大抵の人は、ホームページ単体で、集客しようと、あるいは出来ると思い込んでいますが、まず、この間違った先入観から解放するためのレクチャーが、コンサルタントには必要になりますね。

“SEOとウェブサイトの関係をわかりやすく説明する方法とは” の詳細は »

 

SEOのテキストで是非項目として編集したい経営に関するノウハウ

SEOに関するノウハウをテキスト化する際の編集事項について。基本は必要か否かということにフォーカス。

SEOのマニュアルとしてPDFでノウハウを配布しているSEOエキスパートは、来るYahooのGoogle化に備えて、改訂版の編集に忙しくなることでしょう。

無料版、有料版を問わず、何らかの改訂が必要であり、そういった編集は常にアルゴリズムの変動とともにあるのです。
いちいち執筆していては、時間がいくらあっても足りませんから、フォーラムなどを通じてアナウンス出来る体制を作るべきでしょうね。


“SEOのテキストで是非項目として編集したい経営に関するノウハウ” の詳細は »

ワードサラダとSEOに効果的なライティングとは完全自動化と事務的の違いでは

SEOに効果的なライティングとは単なる自己満足の世界ではなかろうか。もしもSEO的ライティングが効果大ならばワードサラダが上位に蔓延るはず。

SEOテキストと言うと、SEOの技術マニュアルとSEOに効果的なライテイングの二通りの意味があります。
このエントリーでは、後者のライティングにおけるコツなどを紹介してもいいかなあ、なんて思っておりますので、よろしくお願いします。

SEOに効果的なライテイングって、ずばり存在するのでしょうか。


“ワードサラダとSEOに効果的なライティングとは完全自動化と事務的の違いでは” の詳細は »