ブログ

SEOをテーマにしたブログの情報の信頼性を得る方法

SEOブログの信頼性を高めるには情報のソースを公開すること。言いっ放しは百害あって一利なし。

SEOコンサルタントがブログ上で発言する際には、その情報の根拠が明らかになっているかどうかによって、信頼性が変わります。
つまり、言いっ放しがあるということなんです。

言いっ放しとは、実践に基づかない評論のことです。
残念ながら、もっともらしく書けるのですよ、SEOの情報は。


“SEOをテーマにしたブログの情報の信頼性を得る方法” の詳細は »

一般ネットユーザーはドメインを信用とは思っていない現実を見よ

ドメインの取得のメリットは「信用を得ること」ではありません。もっと深い意味を持つべきです。

もしも、ブログが突然、無くなってしまったらどうしますか?

「そんなバカな」と一笑するか、「その場合はですね・・・」とリスク回避策を持っているかによって、ネットビジネスで生き残る確率はグーンと高くなるはずです。

ビジネスでリスクは付き物ですが、インターネット環境も理想の状態が続くとは限りません。


“一般ネットユーザーはドメインを信用とは思っていない現実を見よ” の詳細は »

相互リンクのメリットを知ったかぶりしていないか再検証

ナチュラルなリンク構築は相互リンクでは出来ない理由とは。理想的なリンク獲得の方法。

相互リンクにメリットはあるのかどうか、最近は疑問に思うことがあります。
ウェブサイトには、相互リンクを募集するページを設けているウェブマスターは多いのですが、実際のところ、何の効果を期待しているのかは不明ですよね。

相互リンクについてのノウハウものが、少し前に出回りました。
今はさっぱりですが・・・。


“相互リンクのメリットを知ったかぶりしていないか再検証” の詳細は »

動的URLと静的URLはSEOの観点では静的URLですね

動的URLと静的URLのどちらがSEOにとっては最適化しやすいか。SEO以外でもどちらが都合が良いのか。

SEOは静的URLがなじみやすい、ということはSEO実践者の中では知られていることですよね。
Googleは、動的URLでもクロール可能であると明言していますし、確かに検索結果でも動的URLはインデクスされています。

SEOの面だけではなく、相対的に静的URLがマーケティングなどの観点からも有利に働くことは否めません。
動的URLと静的URLのそれぞれの長所や短所を整理してみましょう。


“動的URLと静的URLはSEOの観点では静的URLですね” の詳細は »

長期的に安定したコンバージョンを得るためのアクセスアップ

アクセスカウンターの数字を増やすことがアクセスアップの目的になるとサイトの本来の目的を忘れることになります。

アクセス不足解消のために、様々なアクセスアップ方法に取り組んでいるWEB担当者や個人運営者は多いはずです。
ネット上には、ピンキリのアクセスアップの情報があり、信頼性を示すデータも偽造を疑うものもあるので、状況に変化は無いのではありませんか。

 インターネット上で匿名であるにも関わらず、アクセスアップ情報を実行しているのなら、今すぐ止めたほうがいいですね。
アクセスアップは小手先の方法では、安定したアクセスは獲得出来ないのですから。


“長期的に安定したコンバージョンを得るためのアクセスアップ” の詳細は »

ブランド名をタイトルに記す効果を消費者行動から確認する

ノーブランドには手を出さずに知らないブランドでも手にとってしまう消費者心理をタイトルに活かす。

最適化されて洗練されたタイトルをウェブサイトで表示することは、アクセス数に大きく影響します。

SEOエキスパートへの近道は、タイトルタグを記述するための指標や考え方を標準化をしているかどうかです。
最適化されて精錬されたタイトルとは、具体的には、どういうことを言うのか、そんなタイトルタグの理想を追ってみることも非常に大切なことではないでしょうか。


“ブランド名をタイトルに記す効果を消費者行動から確認する” の詳細は »

 

交流なき相互リンクが内包している問題点とは

関係の希薄なウェブサイトオーナーとの相互リンクが常に内包している問題点を知っていますか?

相互リンク依頼のメールの中で、必ずと言っていいほど書かれているフレーズで、「SEOにも効果があります」というアピールですが、相互リンクの本当の意味を考えてみましょう。

そもそも相互リンクページの多くは、だらだらと相互リンク相手のアンカーテキストと少しの説明文の羅列にすぎません。
このページを見て、訪問者はリンク先が期待できると直感的に察するでしょうか。


“交流なき相互リンクが内包している問題点とは” の詳細は »