プロセス

SEOは「やらなければならない」か「やった方が良い」なのか

SEOはウェブサイト運営上絶対に必要なものではない。しかしほとんどのウェブサイトは必要である。

ウェブサイトの価値向上や集客のためには、SEOは最優先されるべきでしょうか。
こんなこと言うのもなんですが、絶対に最優先されるものではない、と言えるでしょうね。

場合によっては、SEOは不要というウェブサイトもあります。
が、ほとんどのウェブサイトでは、必要になっているという認識をするべきではないでしょうかね。


“SEOは「やらなければならない」か「やった方が良い」なのか” の詳細は »

常識的SEO作業にも意図を理解している人は少ないのでは

SEOで外せない重要な作業であるタイトルの記述はなぜキーワードが必要なのかを改めて考える。

SEOは、それぞれの要素がつながり合っていることを意識して作業しなければなりません。
個々の要素と関連性によって、総合評価されるのだと思います。

タイトルタグにキーワードを入れなさい、とはどういう意味かを考えずに、ただ漫然と作業するよりは、検索結果の表示を見据えてタイトルを記述した方が、恐らく作業回数を重ねる上で、作業の質が変わってくるのではないでしょうか。


“常識的SEO作業にも意図を理解している人は少ないのでは” の詳細は »

新米ブロガーにやっておいて欲しいファイルの自動生成と登録

クローラーの動きを活発化させるビタミン剤のようなファイルとは。特に新米ブロガーは必見です。

検索エンジンには更新情報を送信していますか。
ブログではsitemap.xmlが自動生成出来ますので、Googleのウェブマスターツールやヤフーサイトエクスプローラーに登録して、クロールを促進しましょう。

そもそもsitemap.xmlが何かわかっていない人のために、少しだけ説明しますと、主にブログでの記事投稿後に、更新したことをより直接に検索エンジンに伝えるためのファイルです。


“新米ブロガーにやっておいて欲しいファイルの自動生成と登録” の詳細は »

長期安定したトラフィックを獲得する戦略的SEOのススメ

SEOは短期間で成果を求めるとロクなことがありません。長期的な戦略で安定したトラフィックを獲得しましょう。

SEOは結果を早く求めるとロクなことがありません。
かと言って、必要以上に時間をかけると、怠慢と捉えられるという、非常にやっかいな面はあります。

SEOで短期とは3ヶ月から半年、通常で半年から1年、長期で1年以上というのが内輪でのモノサシと捉えるとよいでしょう。
あくまでも内輪での話なので、これをクライアントに理解してもらうには、検索エンジンのクロールの話から・・・・ということはなかなか出来ないものです。


“長期安定したトラフィックを獲得する戦略的SEOのススメ” の詳細は »

ドメイン名・カテゴリ名・ファイル名をキーワード化する

ドメイン名及びURLはキーワードになるように最適化することを意識してみましょう。カテゴリとファイル名がポイント。

検索エンジンの評価項目に関係あろうがなかろうが、とことんSEOに拘ると、結局はスパムサイトに該当するのではないか、という疑問を持っています。

検証する時間もないのですが、「とことんSEOに拘る」というのならば、ドメイン名及びURLの最適化というプロセスは、省くことはしない方がいいでしょうね。
“ドメイン名・カテゴリ名・ファイル名をキーワード化する” の詳細は »

SEOの作業の煩雑さをヘルプするSEOチェックリストの作成

SEOの作業はとにかく煩雑になりがちなのでチェックリストを用意して作業モレの無いようにしたいものですね。

SEOのチューニングで最低限必要な施工事項を、チェックリストとしてまとめておくことは、作業の質の均一性をもたらします。
例えば、タイトルにはキーワードを挿入したか、などの項目を挙げていけばいいわけです。

それ以上のことは、日々の作業の中で、毎回発生する作業については、チェックリストに落とし込み、緊急なケースや特例については、別紙にレポートとしてまとめておくことで、ノウハウを文書化し、次の世代に引き継いでいける資料となります。


“SEOの作業の煩雑さをヘルプするSEOチェックリストの作成” の詳細は »

 

検索行動の直前がイメージできればSEOは成功に近くなる

検索エンジンには感情が無いので検索者の本当の知りたい情報を推測して結果を表示することは不可能です。

検索エンジンを相談者と見立てると、どういった質問ならば、欲しい情報が引き出せるかがわかります。

日常会話でも、漠然とした相談に対しては、概念や一般論に終始しますが、具体的で詳細な内容の質問であればあるほど、深く掘り下げた回答が得られるはずです。

検索エンジンには感情がありませんから、検索ユーザーの本当に知りたいことを推測することはできません。


“検索行動の直前がイメージできればSEOは成功に近くなる” の詳細は »

検索エンジンの泣き所は人間の主観を汲み取りにくいこと

関連テーマという表現は幅が広いために、汲み取るのは至難の業であるため、検索ランキングへ微妙に影響?

SEOでは、検索ランキングの上位表示が結果として実現することがありますが、現時点では完璧に近いSEOのチューニングであっても、結果が伴わないことが多くあります。

理由としては、内部要因最適化の未熟さ、外部リンク数の不足、未完成なコンテンツなどとあるのでしょうが、それ以外に原因があるならば、SEO関連以外のところが影響しているような気がします。


“検索エンジンの泣き所は人間の主観を汲み取りにくいこと” の詳細は »