マインド

SEO業界で生き残るためにクライアントと一緒に○○を分かち合い

群雄割拠のSEO業界にあってSEOに疎いクライアントが業者を選べないのが現実。どこで差をつけるか。

SEO塾は日本一を目指します。

どの業界でも、日本一を目指している会社は多いものです。
法人だけでなく個人も参戦してくるわけですから、群雄割拠ですよね。

ただ、どういうカテゴリで日本一になるのかを決めておかないと、漠然とした目標では達成が遠のくばかりです。


“SEO業界で生き残るためにクライアントと一緒に○○を分かち合い” の詳細は »

SEOについてのビジョンとミッションは持っていますか

SEOにつ対してのビジョンやミッションは持っていますか。技術論に終始しがちなSEOのミッションとは。

ブログに自分の得意な分野について、片っ端から書いていくことによって、新たな面が見えてくることがあります。
一心不乱に投稿するうちに、思いがけないライティングが突如として出てくることもあり、自ら驚くこともあるぐらいです。

写経めいたイメージではありませんが、深層心理を炙り出すことが出来るのではないかなと思います。
また、専門分野について語ることは、自分の知識や実践の過程を省みる機会にもなりますし、実は方向性がズレていた、なんてことにも気付くかもしれません。


“SEOについてのビジョンとミッションは持っていますか” の詳細は »

SEOの都市伝説を解くことはSEO対策の基本姿勢

SEOに関する裏づけの無い技術論の妄信は、自身のレベルアップとコンサルテイング能力に影響します。

SEOに関するネット情報には、眉唾的な話題も数多いのですが、それらを盲目的に鵜呑みにして、さらに他言してしまうようならば、あなたにSEOをする資格は無い、と言われても仕方がないことだと思います。

特に、影響力のある(と閲覧者が勝手に思い込んでいる)SEOブロガーのコラムや実践記事を盲目的に信用して、実験もせずにいきなりメインサイトにチューニングしてしまうことは、是非とも避けたいところです。


“SEOの都市伝説を解くことはSEO対策の基本姿勢” の詳細は »

一貫性の無いSEOでは万年SEOビギナーでしかない

結果を求めたがるヒトの特徴はスパムチックな手法に新鮮味を感じる。SEOで一貫性の無さは致命的。

SEOの話となると、タイトルについて口が酸っぱくなるほど叫びたくなるのは、それだけ重要であるからですね。

でも、この「重要」の意味を履き違えているヒトもいることは確かです。
タイトルにキーワードを入れる、ブログ名は後ろのほうに、社名は入れるのか、といった定番の質問や疑問が必ずあるのですが、回答はSEO経験者によって様々です。

相変わらず、どれが正しいのか初心者は迷うわけですよ。


“一貫性の無いSEOでは万年SEOビギナーでしかない” の詳細は »

SEOクライアントへの接客は「知っているだろう」は厳禁

クライアントへのユーザフレンドリーを標榜するSEO会社は間違いなく評判は良いのではないかと思う。

ウェブサイトについてはユーザーフレンドリーなデザインにしよう、と言いながら、クライアントへの戦略の説明については、ちっともユーザーフレンドリーでないSEO業者はたくさんいると思います。

クライアントは、SEOについて知っているわけではありません。
むしろ、市場規模からすると発展途上のSEO市場では、SEOという言葉は知っているものの、具体的には何をすることなのか、わかっていないことの方が多いのではないでしょうか。


“SEOクライアントへの接客は「知っているだろう」は厳禁” の詳細は »

SEOエキスパートの実力は最良の判断を瞬時に下すことで見える

SEOとユーザビリティの間で相反する作用が確認されるときのSEOエキスパートの判断とは。

ウェブサイトはターゲットユーザーのために作られることが理想ですが、現実は「検索」というシステムと行動が存在するので、何割かは検索エンジンのために細工をする必要が出てきます。

これがSEOになるわけですが、SEOとユーザビリティは、時に相反する状態となることがあります。
こういった場合、ケースバイケースで、SEOを取るかユーザビリティを取るかの判断に迫られるわけですが、その判断を迅速に出来るかどうか、SEOエキスパートのマインドが現れます。


“SEOエキスパートの実力は最良の判断を瞬時に下すことで見える” の詳細は »

 

SEOはSEOのためではなくターゲットユーザーのためにある

SEOのためのSEOはターゲットユーザーのためには全くならない自己満足の世界に終始することを知ろう。

キーワードの詰め込みはスパムへの道に繋がります。
なぜ、キーワードの詰め込みが嫌われるのか、答えは非常に簡単です。

キーワードの詰まった記事を、日常会話に置き換えて読んでみるとわかると思いますが、言いたいことを繰り返したり、ある言葉を何度も繰り返す話は、聞いていて不愉快ではないですか?


“SEOはSEOのためではなくターゲットユーザーのためにある” の詳細は »

最悪なSEOエキスパートと付き合いたいSEOエキスパート

現代のSEOエキスパートは上位表示だけではなく総合的アプローチによる企業価値の最大化を標榜している。

SEOのエキスパートと自他共に認められるようになるための要件があったとしたら、それはどういうものでしょうか。

ビギナーとエキスパートが明確ではないSEOの世界においては、クライアントがSEOを導入する際に、どのSEO業者を頼れば良いのか、というところから問題が発生します。

このエントリーでは、SEOのエキスパートを見極めるための項目について書いてみましたので、参考になれば幸いです。


“最悪なSEOエキスパートと付き合いたいSEOエキスパート” の詳細は »

 

一般ネットユーザーはドメインを信用とは思っていない現実を見よ

ドメインの取得のメリットは「信用を得ること」ではありません。もっと深い意味を持つべきです。

もしも、ブログが突然、無くなってしまったらどうしますか?

「そんなバカな」と一笑するか、「その場合はですね・・・」とリスク回避策を持っているかによって、ネットビジネスで生き残る確率はグーンと高くなるはずです。

ビジネスでリスクは付き物ですが、インターネット環境も理想の状態が続くとは限りません。


“一般ネットユーザーはドメインを信用とは思っていない現実を見よ” の詳細は »

正しい方向にSEOエキスパートを導くための必読書

無料で誰でも手にすることが出来るSEOの必読書がPDF化されています。今すぐゲットしよう。

SEOを学びたい人や社内でSEO担当者として任命を受けた人が、まず手にとって欲しい資料があります。
日本の検索エンジンはYahooとGoogleに絞られて最適化する傾向がありますので、YahooとGoogleについてしっかり学びます。
※YahooはそのうちBingに変わるでしょう

検索サービスを展開している企業が直々に検索エンジン最適化について記してあるのに、出所不明なSEO記事を鵜呑みにする人も多いのが、方向のズレたSEOを根付かせる原因なのかもしれません。


“正しい方向にSEOエキスパートを導くための必読書” の詳細は »