戦略

独学SEOのデメリットは「裸の王様」「井の中の蛙」「オレッてすごい」

独学でのSEOはメリットもあるがデメリットの方が大きいかも。客観的な力量を計る基準が無いからね。

SEOを独学で実践する場合のメリットとデメリットについて、言及してみたいと思います。
まず、メリットですが、ある程度のレベルまでは、インターネット上で情報が得られることですよね。
非常に真摯にSEO記事を配信しているブログもたくさんありますのでね。

ある程度のレベルとは、どういうことかと言えば、初心者は脱却できるというレベルでしょうか。
そもそも、この「初心者」という文言は、あまり好きではないのですが・・・。


“独学SEOのデメリットは「裸の王様」「井の中の蛙」「オレッてすごい」” の詳細は »

低コスト高品質SEOの意味を正しく理解させることも仕事

クライアントの予算に頭を悩ますのはSEO業者の共通の悩みでしょう。低予算で高品質のSEOは実現可能か?

SEOでは戦略上の優先順位の見極めが肝心です。
クライアントの予算内で、最大の価値を有無戦略は何かを、現状のウェブサイトをチェックしながら考えることは日常茶飯事ですよね。

今の時勢、潤沢な資金があるクライアントの方が珍しいのです。
しかし、SEOは十分な予算が取れる場合は、戦略の選択肢が広がるのは確かです。


“低コスト高品質SEOの意味を正しく理解させることも仕事” の詳細は »

ブロガーの誰もが関心を持つテーマでエントリーすることの難しさ

ブログのアクセスを増やす方法というベタではあるが一番ブロガーが関心を持つテーマについて。

ブログのアクセスを増やすというテーマの記事は、ブロガーの誰もが関心を示すものと思います。
また、一番難しいテーマでもあります。

難しい理由は、公開するからには、ほとんどのブロガーに対して効果のある方法でないと、意味が無いと思うからですね。
再現性の無い手法というのは、記事提供者の自己満足や妄想など、第三者からすると作文でしかないからです。


“ブロガーの誰もが関心を持つテーマでエントリーすることの難しさ” の詳細は »

SEOは検索上位表示が目的ではないと言えない日が来るかも

Googelだけに集中すれば良い環境がますます検索ランキング競争に拍車がかかる

Googleのスパム行為への対処の厳しさは、今後、ますます増していくと思います。

恐らく、推測ですが、国内のSEOエキスパートは、まず、圧倒的なバックリンクで検索順位を上げていく戦略に、大きくシフトしていくのではないでしょうか。

つまりは、ヤフーのGoogleエンジン採用が、より一層バックリンク獲得に拍車をかけるきっかけとなるからです。


“SEOは検索上位表示が目的ではないと言えない日が来るかも” の詳細は »

リンク獲得の方法は時代の経過とともに主流が変われど目的は変わらず

過去を振り返るとリンク獲得方法は年数の経過とともに変化していっている。ただ目的は変わらない。

SEOは、突き詰めていくと、誰もがキーワードとリンクの2つに集約されるという結論になるとは思いますが、リンクについては、過去を自分なりに遡ってみますと、いろいろな方法がありましたよね。

やり方は様々ですが、リンクの目的はひとつです。
所有サイトの価値の向上あるいは創出です。
非常に概念的ではありますが、リンク獲得に検索ランキングの上昇も、価値あるウェブサイトとしての評価であると思います。


“リンク獲得の方法は時代の経過とともに主流が変われど目的は変わらず” の詳細は »

SEOは「やらなければならない」か「やった方が良い」なのか

SEOはウェブサイト運営上絶対に必要なものではない。しかしほとんどのウェブサイトは必要である。

ウェブサイトの価値向上や集客のためには、SEOは最優先されるべきでしょうか。
こんなこと言うのもなんですが、絶対に最優先されるものではない、と言えるでしょうね。

場合によっては、SEOは不要というウェブサイトもあります。
が、ほとんどのウェブサイトでは、必要になっているという認識をするべきではないでしょうかね。


“SEOは「やらなければならない」か「やった方が良い」なのか” の詳細は »

 

リンク構築で気をつけたい階層の深さとリンクポジション

大規模サイトからのリンクを重宝するのはSEO初心者まで。どのポジションか?階層は?しっかり確認です。

誰も食いつかないようなニッチサイトと、訪問者が大勢訪れる大規模サイトとでは、どちらがリンクするにふさわしいでしょうか。

これだけの条件では、判断は出来ないと答える人は、すでにSEOエキスパートである資格は十分でしょう。
答えは、どこにリンクされるのかによる、ということですね。

リンク獲得の際は、ターゲットを絞ることも必要ですが、リンクの質とポジションには注意しましょう。


“リンク構築で気をつけたい階層の深さとリンクポジション” の詳細は »