業界

SEO業界で生き残るためにクライアントと一緒に○○を分かち合い

群雄割拠のSEO業界にあってSEOに疎いクライアントが業者を選べないのが現実。どこで差をつけるか。

SEO塾は日本一を目指します。

どの業界でも、日本一を目指している会社は多いものです。
法人だけでなく個人も参戦してくるわけですから、群雄割拠ですよね。

ただ、どういうカテゴリで日本一になるのかを決めておかないと、漠然とした目標では達成が遠のくばかりです。


“SEO業界で生き残るためにクライアントと一緒に○○を分かち合い” の詳細は »

ウェブサイトのSEOを自己診断できれば不足分だけのコストしかかからない

SEOの知識を付けるメリットは自己診断が出来ることとそれを元にプロに診断結果の適正さを判断してもらう。

SEOに関心を示すウェブ担当者が、もっとも避けなければならないことは、大金を支払っておきながら、いつの間にかウェブサイトが汚されているという状況でしょう。

つまり、上手い話に乗ってしまうことを懸念していることもあろうかと思います。
他の業者に依頼すればよかった、どうしてもっと多くの人に相談出来なかったのか、というのは後の祭りです。


“ウェブサイトのSEOを自己診断できれば不足分だけのコストしかかからない” の詳細は »

SEOクライアントへの接客は「知っているだろう」は厳禁

クライアントへのユーザフレンドリーを標榜するSEO会社は間違いなく評判は良いのではないかと思う。

ウェブサイトについてはユーザーフレンドリーなデザインにしよう、と言いながら、クライアントへの戦略の説明については、ちっともユーザーフレンドリーでないSEO業者はたくさんいると思います。

クライアントは、SEOについて知っているわけではありません。
むしろ、市場規模からすると発展途上のSEO市場では、SEOという言葉は知っているものの、具体的には何をすることなのか、わかっていないことの方が多いのではないでしょうか。


“SEOクライアントへの接客は「知っているだろう」は厳禁” の詳細は »

SEOエキスパートの実力は最良の判断を瞬時に下すことで見える

SEOとユーザビリティの間で相反する作用が確認されるときのSEOエキスパートの判断とは。

ウェブサイトはターゲットユーザーのために作られることが理想ですが、現実は「検索」というシステムと行動が存在するので、何割かは検索エンジンのために細工をする必要が出てきます。

これがSEOになるわけですが、SEOとユーザビリティは、時に相反する状態となることがあります。
こういった場合、ケースバイケースで、SEOを取るかユーザビリティを取るかの判断に迫られるわけですが、その判断を迅速に出来るかどうか、SEOエキスパートのマインドが現れます。


“SEOエキスパートの実力は最良の判断を瞬時に下すことで見える” の詳細は »

戦略的で持続可能なSEOこそが安定したベネフィットを生む

誰も相手にしてくれないウェブサイトを公開するウェブマスターの行動心理を解き明かしてみよう。

SEOは持続性のあるものでなければ意味がありません。
また、行き当たりばったりの施策では、短期的な効果しか生まないことは、すぐにわかります。

戦略的で持続可能なSEOこそが、安定したベネフィットを生むことになります。
が、これさえやれば完璧なSEOだ、という論調の記事もあるのが、ちょっと気にかかりますね。


“戦略的で持続可能なSEOこそが安定したベネフィットを生む” の詳細は »

SEOだから継続が必要なのか継続性あるSEOが必要なのか

法人向けSEOは企業のブランディングと事業単位での利益貢献に対しての施策が継続的に必要です。

法人向けのSEOは、なぜ、長期的な戦略のもとに施策がなされるのかを考えたことはありますか。

企業というのは、毎年、成長していかなければなりません。
この成長戦略の中にSEOは含まれて然るべきなのですが、その場合、一回きりのSEO施策はあり得ません。

企業の成長過程でSEOも変化が求められるからです。


“SEOだから継続が必要なのか継続性あるSEOが必要なのか” の詳細は »

 

SEOは検索上位表示が目的ではないと言えない日が来るかも

Googelだけに集中すれば良い環境がますます検索ランキング競争に拍車がかかる

Googleのスパム行為への対処の厳しさは、今後、ますます増していくと思います。

恐らく、推測ですが、国内のSEOエキスパートは、まず、圧倒的なバックリンクで検索順位を上げていく戦略に、大きくシフトしていくのではないでしょうか。

つまりは、ヤフーのGoogleエンジン採用が、より一層バックリンク獲得に拍車をかけるきっかけとなるからです。


“SEOは検索上位表示が目的ではないと言えない日が来るかも” の詳細は »

SEOをテーマにしたブログの情報の信頼性を得る方法

SEOブログの信頼性を高めるには情報のソースを公開すること。言いっ放しは百害あって一利なし。

SEOコンサルタントがブログ上で発言する際には、その情報の根拠が明らかになっているかどうかによって、信頼性が変わります。
つまり、言いっ放しがあるということなんです。

言いっ放しとは、実践に基づかない評論のことです。
残念ながら、もっともらしく書けるのですよ、SEOの情報は。


“SEOをテーマにしたブログの情報の信頼性を得る方法” の詳細は »

 

リンクにはSEO効果を期待するものと信頼性を得るものがある

YahooカデゴリとDmozのページランク上昇神通力が無くなったであろう今では信用価値の獲得が目的に。

オーソリティなサイトとのリンク、とは具体的には、Yahooカテゴリ、Dmoz、オールアバウトなどのディレクトリ登録サイトやポータルサイトへの掲載を指します。

それだけを指しているのではなく、個人ブログであっても、その道の第一人者であれば、十分にオーソリティなサイトとのリンクと見なされますし、公共サイトや教育関連サイトについても同様です。


“リンクにはSEO効果を期待するものと信頼性を得るものがある” の詳細は »

SEOの許容範囲は検索エンジンでしか定められない

SEO目的の有料リンクを発見できるというGoogleに対してバレないSEO有料リンクを考えることは最善策か。

Googleが、SEO目的の有料リンクを排除するという動きがSEO業界に認知され、一部のSEO業者やSEO担当者は、顔を青ざめたりしているという話もあります。

有料リンクについは、広告掲載とリンク購入がありましたが、前者については、あることで広告と認知されることになっています。
しかし、本当にSEO目的の有料リンクを排除することは可能なのでしょうか。


“SEOの許容範囲は検索エンジンでしか定められない” の詳細は »