URLの最適化はSEOよりもブランディングと認知度に貢献

ウェブサイトURLの最適化の基本は、テーマの内容を示すことにあります。

SEO効果があるという情報もありますが、キーワードが含まれているからといって、検索ランキングの上位表示の絶対条件ではありませんが、損ではない程度のものと認識するべきでしょうね。

ブランディングの面でもURLの最適化は必要なことですので、新規公開の際の参考になれば幸いです。

サテ、URLの最適化と言っても、具体的にはどうするのでしょうか。

最優先すべきことは、基本的な考え方となる、コンテンツの内容を示すURLを目指します。
そしてURLの長さは、より短い方がいいとは思いますが、URLに頭を使うことよりも記事に頭を使うほうが得策なので、拘る必要はありません。

URLが短いと、口頭でも伝達できるというメリットがあり、意味不明な自分だけがわかるURLは、以外に口に出すと恥ずかしいものです。
堂々と口頭で伝えられる程度の意味づけを考えましょう。

注意すべきことは、パラメータを含まない静的URLにします。
また、ファイル名は、記事の通し番号などよりも、記述内容を示す言葉にしたいですね。
例./contents/2020/111.html → /contents/article/seo.html

テーマ内容をファイル名にすることで、キーワードが自然に組み込まれることになります。

«
»